保護者必見!子どもと幼児教室の相性のチェックポイント

お子さまを通わせる幼児教室を選ぶポイント

あくまで教室はサポート!

親御さんもしっかりサポートを

幼児教室は今やあちこちにあるものの、必ずしも自宅の近くに存在するとも限りません。また、教室への送迎などのサービスを行っているところは、まず無いでしょう。お子様が幼児教室に通うにあたって、どうやって行き来するのかというのは教室選びにおいて意外と大事なポイントです。一応、一部の教室では授業前後の預かりサービスも行っているところもあります。
また、教室に通うのはおそらく毎日では無いでしょうから、行かない日にはどう過ごすのか指導があったり、宿題を出してくれるところもありますが、何にせよその間は親御さん自身がお子様を見てあげなければいけません。教室に通わせて先生に任せてそれっきり。ではいけないということです。あくまでお子様の社会常識は、親御さんが主体となって育んであげましょう。

今一度、再確認を

幼児教室には学業を学ぶ教室や、体を動かすことを中心とした教室など、様々な種類があります。入れさせたい学校の試験内容のために、必要な部分を伸ばせる教室に通わせてやりたいところではあります。ですが、本当は一番大切なのは、お子さま自身が一番興味のあることを学ばせてあげることです。好きなことを伸ばしてあげるのは、それだけで受験とは関係なく、お子さまの教育にはとても良い影響があるでしょう。
また本来は、遊びたい盛りの年頃です。自由にさせてあげてべき年頃です。それを教室に通わせるのは、もしかしたらお子さまにとって大変な負担となってしまうかもしれません。
もちろん受験をして合格をして成功していけば良いことも待っているでしょうが、それが必ずしも幸せとは限りません。とても余計なお世話ですが、今一度、お子さまの将来のヴィジョンをよく設計してください。